マビノギ-ハッキングと運営の対応

2012年1月5日にハッキングされてからの 運営の対応の記録

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
たぶんw

ハッカー自体が同一犯じゃないですよね。中国人だしw

というわけで、やり口(手口)が変わっていますw

支援しようにも、たぶんもうできないのです・・
でも大丈夫。消費者センターor警察に連絡するやり方は変わっていませんw

この記事を読んで、何かお役に立てれば幸いです

まず、
変更されてる氏名のヒント・ついでに例外の例外の特例ってことで電話番号の一致は免除されます。
その方法なのですが
多くの方は警察に問い合わせをして支援を仰ぐかと思います。
しかし、警察は対応してくれませんw
なので、

警察がてんでダメだったので、警察の対応も悪いんですよー。と消費者センターに苦情と相談してネクソンを問い詰めをして、消費庁・総務庁・個人情報保護団体・弁護士等から一斉にネクソンに苦情の電話をかけてもらうのです。

そんなの無理だー
って思うかもしれませんが、ネクソン自身が個人情報保護法に違反しているのです。

二十三条に個人のデータを第三者に提供してはいけないってのがあるのですが、それをネクソンが認めると法律をやぶってることになるからガンして不正アクセスにあった人を「個人」みとめてくれないんです。

それと、三十一条に個人情報取り扱いに対する苦情は迅速に解決しなければいけない。すでにこれに違反している訳です。
で、最終的に四十二条に個人と会社・この場合ネクソンとの苦情の解決策を個人情報保護団体が求められたときはすぐさまそれを通知・調査・解決しなければいけないってのがあるので、の団体にあたるところに片っ端から連絡して、三十一条に違反していて、困っている。四十二条を適応して助けてくださいと言えばいいのです。

消費者センターの方に何と言えばいいのか。
これは少し反則だとは思うのですがハックされてるので、この際関係ないです。
「俺たち司法機関だから個人情報保護法なんてしったこっちゃない」といわれて門前払いされた。
とでも言えば協力してくれると思います。
勿論、少し言い方換えてくださいねww

秘密の質問が換えられていた場合(←私はこの状態で詰まりましたよw

そこまでは出来てじゃあ、アカウント返しますといわれたけど、秘密の質問というものがあって、それすら書き換えられていたようで困っていますと言ってみるとか
違う名前で通ったのはなぜか とか聞かれたら(当時、山田本名で通りました 佐藤太郎さんなら、山田太郎と書けば通過できた)←たぶんこれは聞かれないと思います
他の人も同じような被害にあっていて、同じような内容かもしれないとネクソンに送ったら一致したんです。

等、言い方は色々ありますがw

こんな感じです。
※消費者センターには専属の弁護士がいますので、消費者センターに相談=弁護士に相談
ということになります。

もうあの大量ハック事件から1年以上経っているので、出来るかどうか、わかりませんが
もし、ハックされた方がいらっしゃいましたら、こちらの方法で、試してみてください。

皆さんが復帰できることを祈っております。
スポンサーサイト

記事のtopへ













管理者にだけ表示

記事のtopへ

トラックバック URL↓
http://mabinogi2012hacking.blog.fc2.com/tb.php/18-415a6545

記事のtopへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。